岡院長が西日本新聞の取材を受けました。

本日、岡院長が西日本新聞の取材を受けました。
「ドクターに聞く』というコーナーで、白内障手術の眼内レンズの選択について詳しくお話ししました。
掲載日はまだ決まっておりませんので、決定しましたらお知らせします!

どのような記事になるか私たちも楽しみにしております。

岡松

オンラインセミナー「円錐角膜の最新治療とは」を開催いたしました。

第5回目となるオンラインセミナー「円錐角膜の最新治療とは」を開催いたしました。

岡院長と先進会眼科福岡の菅沼院長が「円錐角膜の基礎から最新の治療法」についてわかりやすく解説いたしました。
円錐角膜は失明につながる疾患であり、気づいて診断されるころには進行していることが多い疾患です。
早期に診断し、早期にエビデンスに基づいた世界基準の治療をすることで角膜移植をせざるを得ない状況を大きく減らすことができます。
角膜内リングは全国でも10施設ほどしか行っておらず、そのうちの3施設が先進会眼科です。
夜間のライブ配信で視聴できなかったスタッフもいたため、翌日勉強会も行いました。

投稿:奥迫