BAMBOOに掲載されました

BAMBOO 2020年12月号に掲載されました。

岡眼科のHPは患者様に安心していただけるよう、先生方からのメッセージや実際の院内の様子を動画を用いています。
また、画面サイズの異なるスマートフォン版でも見やすいよう、画面幅に応じて表示されるようにしています。

クリニックHPチェック委員会に岡眼科のHPをチェックしてもらいました。

投稿:奥迫

アジマイシン点眼液の勉強会を行いました。

先日アジマイシン点眼薬の勉強会を行いました。
アジマイシン点眼薬は日本で唯一のマクライド系抗菌点眼薬です。

眼感染症の原因となる様々な菌に対して抗菌作用を示します。
アジマイシン点眼の適応症は、成人及び7歳以上の小児の結膜炎と、成人の眼瞼炎、麦粒腫、涙嚢炎に用いる点眼薬です。
使用方法は、結膜炎であれば通常成人及び7歳以上の小児には、1回1滴、1日2回2日間、その後、1日1回5日間点眼、眼瞼炎・麦粒腫・涙嚢炎は通常、成人には、1回1滴、1日2回2日間、その後、1日1回12日間点眼と他の抗菌薬点眼薬と比べ回数が少なくなっており、少ない点眼回数で治療が可能となることで、患者さんのアドヒアランス向上が期待されています。
副作用は、点眼後に充血やしみたり又、霧視がありますが、3日目からほぼ充血やしみたりはなくなると言われています。

現在当院では、IPL光線療法(ドライアイの治療)でもアジマイシン点眼をIPL光線前に1日1回7日間〜14日間点眼していただいています。
点眼の効果としては、マイボーム腺から油の分泌を促進する作用や抗炎症作用があります。

アジマイシン点眼薬はどろっとしている点眼薬の為、使用する前は2回ほど振ってもらい垂直に押していただくと点眼しやすいと言われています。

気になる症状などありましたら、お気軽にご相談下さい。

看護師:松井