【重要】新型コロナウイルス感染についてのご報告

本法人職員の新型コロナウイルス感染について

1 概要 本法人職員2名(20代女性 勤務地:先進会眼科福岡)について、新型コロナウイルス感染が確 認されました。当該職員について1名は発熱症状があり、1名は無症候でした。感染経路として 共通の友人等との会食が考えられております。なお接触の可能性のある全職員へのPCR検査の実 施や施設内の消毒は完全に終了しており、院内感染等の兆候は一切認められておりません。

2 経緯
職員A
8月8日 喉の痛みを自覚(公休日) 8月9日 倦怠感・37度台の発熱あり 祝日のためPCR検査行えず。(欠勤) 8月10日 帰国者・接触者相談センターに連絡し新型コロナ感染疑いの適応とならないため福岡 市急患センター受診を指示され同センター受診。コロナ感染症ではなく喉風邪だろうとの診断で 抗生剤解熱剤処方され帰宅し自宅療養。 8月11日 体温36度台で無症状だったが、当法人で独自にPCR検査施行。 8月12日 PCR検査陽性判定。福岡市保健所に連絡し、軽症者宿泊療養施設で症状観察中。
職員B 8月12日 無症候であったが職員Aと接触があったためPCR検査施行。自宅待機とする。 8月13日 PCR検査陽性判定。福岡市保健所に連絡し、同保健所の指示で自宅療養中。

3 PCR検査 8月7日以降に職員Aと接触した可能性のある当法人全職員及び希望者に対してPCR検査を行いま した。陽性者は職員A・B両名のみでした。

4 感染経路 職員A・Bが一緒に会食した共通の友人もPCR検査陽性であった事と、その他の職員は全て陰性で あった事から、当法人施設内での感染ではなく、会食での濃厚接触による感染と考えられます。

5 今後の対応 職員の感染が判明したことを受け、保健所の指導の下、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の 観点から、次の対応を行います。 ・引き続き感染予防対策(マスク着用 手指消毒の徹底 持続性抗菌薬コーティング アルコー ル・次亜塩素酸水 次亜塩素高濃度オゾン(10000mg)での夜間空間除菌など)を徹底します。 ・自治体や保健所の指示に従い、会食の自粛等も含め勤務時間外での生活にも指導を行います。 ・施設内消毒済み及び職員PCR検査の結果から、保健所と協議し、外来業務は続行しております。
医療機関として感染防止には最新の注意を払っておりましたが、このような事態になりました事 をお詫び申し上げます。患者様、ご家族様、地域の皆様に安心安全の医療を提供すべく改善を重ね てまいります。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

                          2020年8月14日 医療法人先進会 理事長 岡義隆

AcrivaTrinovaの勉強会を行いました

先日、AcrivaTrinovaという新しく導入する眼内レンズについての勉強会を行いました。

この眼内レンズは遠方、近方に加え中間距離にも焦点が合う最新の三重焦点眼内レンズです。
他の三重焦点レンズと比べて夜間の光のまぶしさが軽減され、焦点間の見え方の落ち込みが少なく、明所や暗所でも良好な見え方が得られるという良い点があります。

眼内レンズはそれぞれ良い特性を持っています。
岡眼科では患者様の生活スタイルに最も合った眼内レンズが選択できるように最新のレンズも多く扱っています。
白内障手術を検討されている方はお気軽にご相談ください。

視能訓練士:大庭

idoraを導入しました

先日、idraという機器を新しく導入しました。

こちらの機器では、干渉測長器、マイボグラフィー、涙液メニスカス測定を用いてドライアイの度合いを調べる事が出来ます。

マイボグラフィーとは上下の睫毛の内側にあるマイボーム腺という目を乾燥から守るために大切な脂質が出る分泌腺の機能か低下していないかを調べる検査であり、乾燥の原因がドライアイなのか、もしくはこの機能低下によって引き起こされるマイボーム腺機能不全症なのかを判断する事が出来ます。
そして、涙液メニスカス測定では角膜とまぶたの間に溜まっている涙の高さを見ており、この高さが低いほどドライアイの度合いが強いとされます。

今月からマイボーム腺機能不全によるドライアイのIPL光療法も始まりました。
目の乾燥が気になる、お困りの方がいらっしゃいましたら是非とも当院に来院して、こちらの機器で検査を受けてみられてはいかがでしょうか。

検査:衛藤

IPL光療法開始 M22使用説明会を行いました

先日、IPL光療法を開始するにあたりM22の使用説明がありました。

IPL光療法とはマイボーム腺機能不全によるドライアイに対して行う新しい治療方法になります。
光を当て血流を良くして、ドライアイを改善させていきます。

今月から治療が始まりますので、ドライアイでお困りの患者様はぜひ一度ご相談下さい。

診療担当:井原

【オペ室大公開!】 手術室での患者さまの帽子とガウン

手術室で着用していただく帽子は術眼で色分けをしています。
右眼手術の方 → 青色の帽子
左眼手術の方 → ピンク色の帽子
両眼手術の方 → 青色の帽子
患者さまの取り間違いを防ぐために術眼と名前が記載されたシールを用意し、お名前をフルネームで確認し、帽子の上からおでこにシールを貼るようにしています。
手術時は患者さま全員同じ格好になっていただくので間違いを防ぐために事前にお顔の写真を撮らせていただいてます。

看護師:松井

【オペ室大公開!】 ベリオンを使用しています

患者様の乱視を術前よりも軽減できるようにベリオン(血管認証システム)を用いて、手術当日に乱視の軸を測定します。
手術時に顕微鏡下で切開角を表示することで正確に切開ができ、乱視を表示するモードを使用してレンズの軸ズレや回旋を防ぎ正確な位置に合わせることができます。


視能訓練士:大庭

新型コロナウィルス感染症対策  先進会眼科福岡 火曜日休診のお知らせ

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、当面の間、先進会眼科福岡の火曜日の診療を休診致します。

先進会眼科福岡
休診日 :火曜日、水曜日
診察時間:予約優先制
     10時~13時(受付12時30分まで)
     14時~18時(受付17時30分まで)

ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

医師・職員一同

【オペ室大公開!】 術前内服薬

手術直前の患者様は皆様、手術を受けることに対して不安や緊張があります。
手術室に入る30分前に安定剤などを内服していただき少しでも緊張を和らげるようにしています。

事前に内服状況(同じ作用のお薬を内服していないか、お薬アレルギーがないか等)を確認し、内服の有無や内服量をカルテに記載します。
手術当日は問診でも同じ作用のお薬を内服していないか、アレルギーがないかを再度確認します。

内服薬は、薬剤を準備するスタッフから手術チームが内服薬を受け取った時点で数を確認し、カルテを確認しながら内服していただき、手術後にも数を確認し、カルテとの相違がないか確認を行っています。

看護師:松井

【オペ室大公開!】 アルコールと生理食塩水の使用

手術の際にはアルコールと生理食塩水を使用しますがどちらも透明で見分けがつきません。
岡眼科では誰にでもわかるようにヒビテン入りのピンク色のアルコールを使用し、色で見分けがつくようにしています。
生理食塩水入れは丸い入れ物、アルコールは四角い入れ物と形も分けて取り違いがない工夫をしています。

看護師:平野